自動ドアがケガの原因になることも

勝手に開け閉めをしてくれる自動ドアで事故が起こるのかと思っているかもしれませんが、実は毎年20名ほどのケガ人が出ているのです。その原因は自動ドアの不具合であることが大半となっています。開くと思っていた自動ドアが開かなかったり、自動ドアが途中までしか開かずにぶつかってしまったりと自動ドアの修理が必要なものばかりなのです。こうしたケガの原因になるからこそ、自動ドアの修理は定期的にやっておかないといけません。

トラブルの原因は

自動ドアの事故の原因には幾つか理由が考えられます。複雑なのがセンサーの異常です。人をセンサーで感知して、自動ドアは開け閉めを行っているのですが、ここにトラブルがあると開け閉めに支障が出てしまいます。他には、ドアの溝に汚れや落ち葉といったごみが溜まっているとドアの動きが阻害されますのでここもトラブルの原因になるのです。ドアの汚れなどについては普段の掃除で対応をすることができますが、センサーのトラブルについては自動ドアの修理を扱う業者にまかせないといけません。他には自動ドアを動かすベルトに問題があるなど、機械的なトラブルがあった時には業者の力が必要になるのです。

毎日チェックしておきましょう

自動ドアは毎日誰かが使っています。だからこそ、毎日チェックをしておく必要があるのです。一般的に自動ドアを利用している人は、自動ドアがいきなり止まるといったことは想定していません。だからこそ事故が起こってしまうのですが、自動ドアが動かなくなることがあるかもしれないと周知するよりも、自動ドアが動かなくなるといったことがないようにする必要があるのです。そのためには毎日自動ドアをチェックしましょう。もし人にケガをさせてしまったら、その責任はとても大きいです。それを負うというのは大変なことですので、できるだけそのようなことは起こさないようにしましょう。