自動ドアの保守点検は重要です
動くものというのは必ず何処かで劣化が進んでいます。
劣化が進めば、正常作動しなくなるばかりか、何らかの事故などに発展する恐れもあるので、きちんとチェックして置かなければなりません。
自動ドアの場合、定期点検があるのでそこで出た以上については、しっかり修繕を行いましょう。

劣化しやすい部品について
自動ドアにも稼働場所は様々なところがあるので、放置しておけば劣化は免れません。
具体的にどこがどのくらいの寿命ということが表しにくいものの、幾つかのパーツは明確に機能不全を引き起こす恐れのあるものですから、早めの交換がおすすめです。
特に劣化しやすいものとして、戸車やベルトが挙げられます。
タイミングベルトは文字通り扉を開くために必要なベルトで、これが切れたり緩むと、扉の開閉に支障をきたします。
また、制御機構に組み込まれたインバーターなどは、10万開閉ごとに交換が必要とされているものもあります。

きちんと整備し長く使う
設置すぐに壊れてしま自動ドアがあると思えば、長いと10年、20年使われる自動ドアもあります。これらの違いはやはりその都度のメンテナンスの違いでしょう。
きちんと整備して、長く自動ドアをお使いいただくことをお祈りします。