挟まれれば大怪我になることも
自動ドアは重たいガラスや金属製のドアを機械の力で稼働させていますので、閉まる速度などによっては万が一挟まれると痛いんだろうな、と思う方も多いかもしれません。とはいえ、大抵はドア開閉用のセンサーが働いている場合はそれらの事故は起きにくいものです。
但し、例外は何にでも存在していて、小さなお子様などはセンサーの範囲外になっていることも多く、挟まれてしまうという事故も幾つかの事例があるようです。

安全装置はどうですか?
そういう事故が起きないようにするため、自動ドアには予め安全装置が取り付けられていることがあります。安全装置はセンサーの範囲外になりそうな、地表付近の低いところに何かあったらドアが閉まらないようにするものなどが一般的、メインのセンサーの補完をします。
但し、普段はあまり気にしていないセンサーなので、万が一の時に働かないということも十分考えられます。もしものときに備えて、センサーがきちんと動くかどうかは気にしておくことをおすすめします。

万が一動かない場合
センサーが働かないと、ドアに人が挟まれる危険性があるということは十分理解して頂けたと思います。自動ドアにも回転式のものや両開き式のものなど様々なものがありますが、回転式の自動ドアは特に安全装置が動くかどうかはきちんと把握しておきましょう。
壊れている場合は遡及に相談窓口へご相談ください。

自動ドアの保守点検は重要です
動くものというのは必ず何処かで劣化が進んでいます。
劣化が進めば、正常作動しなくなるばかりか、何らかの事故などに発展する恐れもあるので、きちんとチェックして置かなければなりません。
自動ドアの場合、定期点検があるのでそこで出た以上については、しっかり修繕を行いましょう。

劣化しやすい部品について
自動ドアにも稼働場所は様々なところがあるので、放置しておけば劣化は免れません。
具体的にどこがどのくらいの寿命ということが表しにくいものの、幾つかのパーツは明確に機能不全を引き起こす恐れのあるものですから、早めの交換がおすすめです。
特に劣化しやすいものとして、戸車やベルトが挙げられます。
タイミングベルトは文字通り扉を開くために必要なベルトで、これが切れたり緩むと、扉の開閉に支障をきたします。
また、制御機構に組み込まれたインバーターなどは、10万開閉ごとに交換が必要とされているものもあります。

きちんと整備し長く使う
設置すぐに壊れてしま自動ドアがあると思えば、長いと10年、20年使われる自動ドアもあります。これらの違いはやはりその都度のメンテナンスの違いでしょう。
きちんと整備して、長く自動ドアをお使いいただくことをお祈りします。

自動ドアがケガの原因になることも

勝手に開け閉めをしてくれる自動ドアで事故が起こるのかと思っているかもしれませんが、実は毎年20名ほどのケガ人が出ているのです。その原因は自動ドアの不具合であることが大半となっています。開くと思っていた自動ドアが開かなかったり、自動ドアが途中までしか開かずにぶつかってしまったりと自動ドアの修理が必要なものばかりなのです。こうしたケガの原因になるからこそ、自動ドアの修理は定期的にやっておかないといけません。

トラブルの原因は

自動ドアの事故の原因には幾つか理由が考えられます。複雑なのがセンサーの異常です。人をセンサーで感知して、自動ドアは開け閉めを行っているのですが、ここにトラブルがあると開け閉めに支障が出てしまいます。他には、ドアの溝に汚れや落ち葉といったごみが溜まっているとドアの動きが阻害されますのでここもトラブルの原因になるのです。ドアの汚れなどについては普段の掃除で対応をすることができますが、センサーのトラブルについては自動ドアの修理を扱う業者にまかせないといけません。他には自動ドアを動かすベルトに問題があるなど、機械的なトラブルがあった時には業者の力が必要になるのです。

毎日チェックしておきましょう

自動ドアは毎日誰かが使っています。だからこそ、毎日チェックをしておく必要があるのです。一般的に自動ドアを利用している人は、自動ドアがいきなり止まるといったことは想定していません。だからこそ事故が起こってしまうのですが、自動ドアが動かなくなることがあるかもしれないと周知するよりも、自動ドアが動かなくなるといったことがないようにする必要があるのです。そのためには毎日自動ドアをチェックしましょう。もし人にケガをさせてしまったら、その責任はとても大きいです。それを負うというのは大変なことですので、できるだけそのようなことは起こさないようにしましょう。

自動ドアは店舗や施設の玄関口となります。そのため、自動ドアは常に稼働し続け、そして摩耗していきます。自動ドアが故障してしまいますと、自動ドアの修理をする必要がある他、自動ドア修理中の客足が落ちてしまう場合がありますので、点検は欠かさないようにしましょう。

自動ドアの修理には大きく2ヶ所の修理箇所があります。
➀自動ドア自体の修理
ドアレールにゴミが詰まってしまった際などに自動ドア修理を依頼するケースとなります。また、開閉時の衝撃によって自動ドアが故障してしまうケースもあります。防止対策としては、ドアレールのゴミを取り除くことや、ぶつからないようにセンサーの感度を上げること、などが挙げられます。センサー感度の調節は自動ドア修理時に一緒に依頼することも可能ですので、対策も忘れないようにしましょう。

➁センサー部分の修理
センサー部分の修理が必要になるケースは、主にセンサーの感度不足や、逆に感度過敏な場合となります。センサー部分も自動ドア修理の範囲ですので、自動ドア修理業者に依頼をして、センサー機器の感度を確認して貰うようにしましょう。

このように、原因箇所によって異なる様々なトラブルが自動ドアに訪れます。定期点検は欠かさないと共に、自動ドア修理の際には自動ドア修理業者に予防対策もしっかりと確認しておくことが重要となるでしょう。もちろん、営業時間などの調節が必要になることも少なくありませんので、営業時間外に対応時間が重なっている業者を探しておく必要もあるでしょう。きちんと対策をしておくことが、稼働し続ける設備には重要となるのです。

多機能トイレ用自動ドアスイッチ

「多機能トイレ用自動ドアスイッチ」という商品があるのをご存知ですか? これは、主に公共にある車椅子用トイレの出入口に設置された操作スイッチです。壁に設置されたスイッチを押すことで、自動ドアを開閉しますので、車椅子を使われている方は負担なく利用することができます。でも、そんな自動ドアも保守メンテナンスをする必要があります。もしこの自動ドアの調子がおかしくなってしまうと、様々なトラブルに見舞われてしまいます。例えば、トイレを使っている時、勝手に自動ドアが開いてしまうケースがあります。使用中にドアが開いてしまうと、とても恥ずかしいですよね。特に地下鉄駅のトイレでこのケースが発生すると、誰も利用しなくなってしまいます。ですので、早急に自動ドアを修理しなければなりません。自動ドアの修理を業者にお願いすれば、当然自動ドアの修理の費用が必要になってきます。自動ドアの修理をする必要がないように、保守メンテナンスはキチンとやっておきましょう。自動ドアの修理に入ると、その間トイレを利用することができなくなるので、故障は避けたいですね。

信頼度が低い業者は避けましょう

自動ドアの修理を自動ドア修理専門業者にお願いする際、その自動ドア修理専門業者の信頼度が高いかどうか調べた方がいいでしょう。もし、信頼度が低いと、こちらが望むような自動ドアの修理をしてくれないことが多いのです。

リーズナブルな料金で自動ドア修理

自動ドアの修理をお願いする際、自動ドアの修理の料金はどれぐらいなのか不安に思う方はいらっしゃると思います。自動ドア修理業者には、リーズナブルな料金で対応してくれる業者がたくさんいます。その上、完璧に自動ドアを修理してくれるので、お客様からの信頼度も高いのです。