挟まれれば大怪我になることも
自動ドアは重たいガラスや金属製のドアを機械の力で稼働させていますので、閉まる速度などによっては万が一挟まれると痛いんだろうな、と思う方も多いかもしれません。とはいえ、大抵はドア開閉用のセンサーが働いている場合はそれらの事故は起きにくいものです。
但し、例外は何にでも存在していて、小さなお子様などはセンサーの範囲外になっていることも多く、挟まれてしまうという事故も幾つかの事例があるようです。

安全装置はどうですか?
そういう事故が起きないようにするため、自動ドアには予め安全装置が取り付けられていることがあります。安全装置はセンサーの範囲外になりそうな、地表付近の低いところに何かあったらドアが閉まらないようにするものなどが一般的、メインのセンサーの補完をします。
但し、普段はあまり気にしていないセンサーなので、万が一の時に働かないということも十分考えられます。もしものときに備えて、センサーがきちんと動くかどうかは気にしておくことをおすすめします。

万が一動かない場合
センサーが働かないと、ドアに人が挟まれる危険性があるということは十分理解して頂けたと思います。自動ドアにも回転式のものや両開き式のものなど様々なものがありますが、回転式の自動ドアは特に安全装置が動くかどうかはきちんと把握しておきましょう。
壊れている場合は遡及に相談窓口へご相談ください。